人狼ゲームとは?人狼ゲームのルールについて詳しく解説

 

こちらの記事では、人狼ゲームのルールに関して初心者向けに解説していきます。まだルールがよく分からないという方は参考にしてください。

 

スポンサードサーチ

人狼ゲームとは?

 

人狼ゲームとは『人狼陣営』と『村人陣営』に分かれて、自分の属する陣営を勝利に導くゲームです。正体隠匿系のパーティーゲームですので、多くの場合カードが配られてランダムに陣営が決まります。

※さっぽろ人狼図鑑ではアルティメットレギュレーションでゲームを行うことが多いので、上記のカードを全て使うわけではありません。ただ、レギュレーションによっては様々な役職が混ざることがあります。

 

自身の引いたカードによって役職が決定し、ゲームが始まります。

 

ルール解説

 

人狼ゲームは「昼時間」と「夜時間」に分かれており、それぞれ行える行動が違います。

 

昼時間

全員で議論をし、その日の処刑者を1人決める。処刑者は多数決で決められる。

 

夜時間

人狼や役職者が行動する。人狼は襲撃者を決め、役職者は能力に応じた行動を取る。

 

ゲームの流れ

 

1.役職確認

GM(ゲームマスター)がそれぞれの役職を確認していきます。人狼は、この時に人狼仲間と顔合わせを行います。ですから人狼同士は、ゲーム開始前にお互いを認識している状態です。

 

2.昼時間

上記の解説の通り、多数決によって処刑者を決める。

 

3.夜時間

GMが役職を順番に起こしていき、人狼、役職者がそれぞれ行動していく。

 

あとは、昼時間と夜時間をゲーム決着まで続けていきます。

 

勝利条件

 

村人陣営

 

昼のターンに人狼を全員処刑(追放)する。

 

人狼陣営

 

人狼と村人の人数を同数にする。

 

役職

 

人狼

村に紛れ込んだ人の姿をした狼。夜になると、毎晩村人を1人襲撃する。

 

村人

特に能力などはない。推理によって人狼を追い詰めていく。

 

預言者

毎晩、1度だけ占い能力を行使できる。選んだ対象が「人狼か人狼ではないか」を知ることができる。

 

霊媒師

昼のターンで処刑された人が「人狼か人狼ではないか」を知ることができる。

 

狩人

夜のターンに1人だけ人狼の襲撃から守ることができる。人狼の襲撃先と護衛先が一致すれば犠牲者は出ない。ただ、自分自身を守ることはできない。

 

狂人

村に人狼を招き、潜伏する手引きした人間。占い結果や霊媒結果は人間と判定されるが、人狼の味方。勝利条件も人狼陣営の勝利となる。

 

まとめ

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

人狼ゲームは非常にエキサイティングで楽しいゲームです。まだ人狼ゲームをやったことがない方には、ぜひ楽しさを体験して頂きたいです。

YouTubeチャンネル

人狼ゲームの動画をYouTubeチャンネルで発信

さっぽろ人狼図鑑では、人狼ゲームのプレイ動画だけに留まらず、プレイヤーインタビュー、人狼ゲームのロジック講座などの情報発信をしております。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です