第2回目の動画撮影村を終えて

小川です。

 

最近「小川さんって呼んでも大丈夫ですか?」と言われる小川です。小川でもおがぴーでも、正直どちらでも大丈夫です。呼びやすい方で呼んでください。

 

さて、10月9日(火)にさっぽろ人狼図鑑の第2回動画撮影村を行いました。

 

10月9日に撮影したのに、今記事を書いていることに関してはツッコまないでください 苦笑

 

▼1村目の様子

※ゆっきーが腕を見せて何かをアピールしていますね。

 

▼2村目の様子

※メンバーが爆笑している様子

 

動画は編集して随時公開予定です。非常に良いゲームも撮れたので、楽しみにしていてください。

 

いや、実はですね。今回の撮影では小川はゲームに参加していません。GMと撮影に専念していました。ゲームに入ってくれたのは、タカ、サリー、中井の3人。彼らのプレイはお楽しみ頂けます。

 

GMと撮影をしていて改めて感じたのは「ゲームの雰囲気を作るのはプレイヤー」ということです。めちゃめちゃあたり前のことなんですけど、ここを見落としてしまうと大変だなと。

 

人狼ゲームって人によっては口調が乱暴になったり、変に煽ったりして、結果雰囲気が悪くなることがあります。議論が白熱するのとはちょっと違った「ギスギスした雰囲気」と言えばいいでしょうか。

 

ただ、人によっては口調が乱暴になっている自覚がないこともあります。しかし周りから見て「雰囲気が悪い」と思われたら、動画的にはキツイわけですね。

 

視聴者の方達も、見ていて良い気分にはならないと思います。ですから、どんなプレイヤーに動画出演のオファーをするか。そこが運営メンバーとして最も配慮すべきポイントの一つになりそうです。

 

誤解を恐れずに言うと『さっぽろ人狼図鑑』では、人狼の実力よりも「丁寧かつ不快感の出ないプレイができるかどうか」を最重要項目に考えています。

 

強いプレイヤーを集めてゴリゴリの議論をする動画を撮るのも、全然良いとは思うんですけどね。ただ、人狼図鑑の方向性としては楽しさを伝えられるプレイヤー」を中心に動画撮影をしていくつもりです。

 

幸い札幌にはそのような楽しいプレイヤーが多いので、これからの動画撮影も楽しみです。

 

あと、1村目の雰囲気が最初は固めなので、本番のゲーム開始前にちょっとしたミニゲームを挟んでから本番に入ろうかなと考え中です。

 

工夫できるところは沢山あるので、どんどんトライ&エラーを繰り返していきたいものです。

 

そしてね「俺バカかよ」っていつも思うのが、全員の集合写真を撮り忘れること。これっていつも解散後に気づくんですよね。

 

普通に考えて全員で写真撮った方がいい、絶対に。全員の写真撮ったら、Twitterとかに投函した時に「楽しそう」って思ってくれる人が一定数いるから、見てくれる人が増えるのに。って集客目線で反射的に考えてしまう 笑

 

次回はちゃんと全員の写真を撮って、Twitterやブログにアップしたいと思います。小川が忘れていたら、誰かこっそり教えてくださいね!

 

おがぴーより

さっぽろ人狼図鑑のTwitterをフォローしよう!
>さっぽろ人狼図鑑YouTubeチャンネル

さっぽろ人狼図鑑YouTubeチャンネル

「楽しい人狼ゲームをお届けする」をコンセプトに、YouTubeで動画配信をしています。ぜひ人狼ゲームのプレイ動画をご視聴ください。

CTR IMG